症例集

治療症例

成人の矯正歯科症例

成人矯正

大人の歯列矯正の大きな目的のひとつとして、審美的な面での改善ということがあります。つまり、出っ歯や、受け口、八重歯など、外見を気にして治療を始められる方が多いということです。子供の時期には、本人の希望よりも周囲の希望が優先されることが多く、せっかく成長期の良い時期に歯列矯正治療を始めたとしても、治療の進み方が悪い場合があります。しかし、自分の意志で、美しい口元を目標に歯列矯正治療に望む、大人の歯列矯正治療は、歯磨きや装置の手入れなどにも気を配ることができ、口腔内が良い状態で、効率的に治療が進むことも多いのです。

成人矯正の症例を見る


裏側の矯正症例

裏側の矯正症例

舌側矯正装置は、歯の裏側に装置を装着して歯並びをキレイにする矯正装置で、「リンガル矯正(lingual:舌側)」や「裏側矯正」とも呼ばれています。ワイヤーとブラケットを使った一般的な矯正治療は、歯の表側に矯正装置をつけて歯を動かしますが、舌側矯正装置は、外から見えない歯の裏側に矯正装置をつけて治療するので、他人に気付かれないように治療を行うことができることが最大のメリットです。

裏側矯正の症例を見る


お子様の矯正症例

お子様の矯正症例

小児矯正とは、顎の骨が発育している成長期から治療や観察を開始し、歯並びや、噛み合わせ、骨格のバランスなどを整える治療です。顎の成長をコントロールすることによって、歯がきちんと生えるようにしたり、将来歯を抜かずに治療ができる可能性が高くなるなど、矯正治療を進めるうえで大きなメリットがあります。したがって、成長期の矯正治療は骨格のズレから治していけるので、治療開始時期に適しているといえます。

小児矯正の症例を見る

お問い合わせ先:うえだ矯正歯科クリニック