矯正治療

装置の種類

歯列矯正で使用される装置についてご紹介します。

乳歯と永久歯が混ざっている時期に使用する装置(混合歯列期)

顎内 可撤式 床装置など 患者さまご自身で取り外しが可能な矯正装置です。
虫歯のリスクが少なく、手軽に矯正治療を始められますが、装着時間が少ないと理想通りの歯並びにできない場合があります。
可撤式装置
固定式 患者さまご自身では取り外しができない、固定された装置です。可撤式に比べ確実に治療効果が期待できます。 固定式装置
顎外装置 歯を動かす装置の大部分が顔の外にある装置で、主に骨の形を治します。ご自宅でお食事と歯磨き以外の時間に装着して頂きます。就寝時も違和感は大きく感じることはございません。 顎外装置

永久歯が生え揃ってから使用する装置(永久歯列期)

メタルブラケット 一般的な矯正歯科装置で、ワイヤーとブラケットが金属でできています。比較的安価で、金属性のため丈夫ですが、目立ちやすいという欠点もあります。 メタルブラケット
クリアーブラケット 歯に取り付けられたブラケットが金属ではなく、透明な素材で出来た矯正装置です。ワイヤーは見えてしまいますが、通常の矯正装置より目立たずに治療を行うことができます。メタルブラケットと比べて費用が少し割高となります。 クリアーブラケット
リンガルブラケット 上下ともに歯の裏側に矯正装置を装着します。見た目には矯正をしていることが全くわかりません。しかし、最初発音が少ししにくい・表側の装置と比べて少し高額である・治療期間が少し長くなるといったデメリットもあります。当院ではそういった裏側矯正のデメリットを克服しております。 リンガルブラケット

治療終了後に歯並びの戻りを防ぐ装置

リテーナー 固定式 矯正治療によって動かされた歯や顎を維持するための装置です。顎の骨が新しい歯並びに落ち着くまで装着するものです。固定式は、患者さまご自身では取り外しができませんが、保定に優れています。 リテーナー
可撤式 矯正治療によって動かされた歯や顎を維持するための装置です。顎の骨が新しい歯並びに落ち着くまで装着するものです。可撤式は患者さまご自身で取り外すことが出来ますので清掃性に優れています。 リテーナー