矯正治療

歯を抜かない矯正(非抜歯矯正)

歯を動かして歯並びや噛み合わせを整える「歯列矯正」では、そのままの状態では、歯並びを整えるスペースが足りない場合があります。この場合、歯を抜いて歯並びを整える方法と、歯を抜かずに歯並びを整える方法(非抜歯矯正)を選択することになります。歯を抜いて歯並びを整える方法は、小臼歯(前から4番目または5番目の歯)を抜いたり、虫歯が進行している歯を抜いたりして、スペースを確保します。一方で、歯を抜かずに歯並びを整える方法(非抜歯矯正)は、歯並びを横や後方に広げる処置を行い、スペースを確保します。ここでは、非抜歯矯正の特徴や、メリット・デメリット、治療方法などについてご紹介します。

非抜歯矯正の特徴

矯正治療のためとは言え、歯を抜くことに抵抗があるという方は少なくはありません。お口の状態によっては、歯を抜かずに治療できることもあります。また、乳歯から永久歯に生え代わる成長期の頃に治療を始めると、抜歯しないで矯正できる可能性が高くなります。

メリット・デメリット

非抜歯矯正のメリットは、健康な歯を少しでも多く残せることです。また、スペースを確保する処置(拡大)の場合、上顎が広がり鼻呼吸をしやすくなったり、下顎が広がり舌のスペースができて就寝時のいびきを解消できたりすることもあります。しかし、歯並びを広げられる見込みが無いのに治療を進めてしまうと、口元の突出が目立ったり、矯正装置を外すと元の歯並びに戻りやすかったり(後戻りしやすかったり)する懸念があります。非抜歯矯正をご希望される方は、診断を受けて、適切かどうかご相談ください。

治療方法

非抜歯矯正の際に、下記のような方法で、歯並びをきれいに整えられるスペースを確保します。

奥歯を後方に移動させる方法

奥歯を後方に移動させる方法

大臼歯(親知らず以外の大臼歯)を後方へ移動できるスペースがある場合に行われる方法です。歯並び全体を後方に移動させる装置をつけて、歯を並べるスペースを確保します。この場合に、親知らずが生えている場合は、抜歯することがあります。

歯並びのアーチを広げる方法

歯並びのアーチを広げる方法

歯並びのアーチが狭い方は、側方(外側)に拡大する装置をつけることで、歯を並べるスペースを確保します。ただし、拡大しすぎると口元の突出や顔立ちに変化を及ぼしたり、後戻りしやすくなったりする場合もあり、拡大できる幅には限度があります。

歯の表面を削る方法

歯の表面を削る方法

歯の表層部分(エナメル質)の両端を少しずつ削って、歯を並べるスペースを確保します。エナメル質は歯の中にある神経との距離がありますので、歯を削る際や、その処置後に、痛みが出ることはほとんどありません。削った面は、綺麗に研磨したり、フッ素を塗って歯質を強化したりします。しかし、歯を削って得られるスペースには限りがありますので、すべての方に適用できる方法ではありません。

イメージがつかみにくい場合は、その医院で非抜歯治療を受けた方の治療の経過を見せてもらい、参考にするとよいでしょう。