矯正治療

裏側矯正(裏側矯正)

矯正治療を始めたいけれど、「他人に矯正治療中だと知られたくない」、「笑った時に装置が見えてしまうことが恥ずかしい」などと思い、矯正治療へなかなか踏み出せない方もいることでしょう。裏側矯正は、歯の裏側に矯正装置をつける方法です。“リンガル矯正(lingual:舌側)”や“舌側矯正”とも呼ばれています。他人に気付かれることなく矯正治療を進められますので、人前で話すことの多い接客業の方でも気にすることなく受けられます。ここでは、裏側矯正とはどのようなものか簡単にご紹介します。

裏側矯正について

裏側矯正装置

裏側矯正とは、矯正装置を従来とは異なり歯の裏側(舌側)に装着して治療を行います。
装置が裏側にあるため、見た目からは矯正しているとはほとんど分かりませんので、見た目を気にすることなく治療をすることができます。
また、唾液による装置の洗浄効果があり通常の矯正装置より、虫歯のリスクを低くすることができます。

現在は、この裏側の矯正装置を使用した治療をご希望される患者さまが増えておりますが、通常の矯正治療よりもコストがかかってしまうデメリットもあります。

裏側矯正のメリット
  • 装置が歯の裏側にあるため、見た目には矯正しているとはほとんど分かりません。
  • 唾液による洗浄効果で、虫歯のリスクを低減することができます。
  • 裏側矯正の場合、固定源の奥歯が前方に移動しにくく、特に出っ歯の方など、効率よく前歯を引っ込めることができます。
  • 運動をする際、接触があっても装置が裏側にあるため、万一、装置によって唇を切ってしまう心配がありません。
裏側矯正のデメリット
  • 裏側矯正の装置は、一人ひとりのオーダーメイドとなります。そのため少し割高となります。
  • 薄く設計されていますが、慣れるまで違和感を感じる場合があります。

裏側矯正に関するよくある質問

治療できる年齢に制限はあるの?
裏側矯正に年齢制限はなく、子供から大人まで受けられることがほとんどです。
装着感はどんなかんじ?
装置を付け始めた頃は、発音がしづらい、装置があることが気になるなど、少し違和感があるようです。慣れるまでに個人差はあるようですが、2~4週間で普段通りの生活を過ごせるようになります。
歯磨きはどうするの?
裏側矯正や表側矯正でも、食べ物がお口の中に残りやすくなりますので、食後に必ずブラッシングを行うことが大切です。矯正装置を付けた後に、矯正歯科医や歯科衛生士が、患者さまのお口に合った磨き方の指導を行います。磨きにくい箇所があれば、ご相談ください。
裏側矯正と表側矯正に違いはあるの?
  • 仕上がりについて
    治療後の歯並びの仕上がりは、裏側矯正や表側矯正でも大きな差はありません。あえて言うなら、裏側矯正の場合は、歯の表面に矯正装置を付けないので、歯の表面のエナメル質を傷つける心配が全くありません。
  • 歯の移動にかかる期間や通院回数について
    歯の移動にかかる期間は、裏側矯正も表側矯正も1~3年を要します。その期間中は、矯正器具の調整や交換、お口の状態のチェックなどを行う必要がありますので、通常は1ヶ月に1回のペースの通院となります。お口の状態によって通院頻度、治療期間が異なりますので、詳しくはご相談ください。
  • 費用について
    歯の裏側に装置を付けて治療するための高度な技術が必要なため、表側矯正よりも裏側矯正の治療費が少し割高となります。
  • 食事制限について
    どちらの矯正治療中でも同じで、堅焼きせんべいや梅干しの種などの硬い食べ物は、噛んだ時の衝撃で、装置が外れることが考えられます。また、ガムや、キャラメル、お餅などの粘着性の食べ物は、装置に絡みついてしまうことが考えられます。これらの食べ物は、矯正期間中はできるだけ控えましょう。
  • ブラッシングについて
    虫歯や歯肉炎の予防のため歯垢をきれいに取り除かなければなりません。しかし、強くゴシゴシ磨きすぎると歯ブラシの毛先が装置にひっかかり、脱離することがありますのでご注意下さい。

裏側矯正は、装置が付く前の口元と見かけ上は変わらないため、他人の目にふれるという治療期間中の心理的ストレスを軽減することができるできます。詳しくはご相談ください。