矯正治療

他の人の視線が気になりません

他の人の視線が気になりません

歯に取り付ける矯正装置が裏側にあるため、他の人から見て矯正治療をしていることはほぼ分りません。
見た目を気にすることなく矯正治療を行う事が出来ます。

表側の矯正より歯が後退しやすい

表側の矯正より歯が後退しやすい

裏側矯正では、装置が固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をきちんと後ろに移動させることができ、前歯が引っ込みやすくなります。歯が前に出ているいわゆる出っ歯の方で、なるべく前歯を引っ込めたいという場合には裏側矯正の方が効果的といえます。

表側の矯正より噛み合わせが綺麗で早い

他の人の視線が気になりません

裏側の矯正装置は、一人ひとりの患者さまにオーダーメイドで作成しますので効果的に歯並びを綺麗にすることが出来ます。
また、より正確で理想的な歯並びを手に入れる事が出来ます。

装着感

装着感

治療を開始して間もない時は、発音をしにくくなる場合もありますが、徐々に慣れてきます。
装置が裏側にあるので、スポーツで唇を切る心配も少なく吹奏楽等も行うのに適しています。

虫歯になりにくい

他の人の視線が気になりません

唾液が装置を洗浄する役割を果たします。
そのため、表側の矯正装置よりも虫歯のリスクをかなり抑える事が出来ます。

お子様にも適しております

他の人の視線が気になりません

見た目が気にならないので、矯正装置に抵抗を持たれがちなお子様にも適しております。