矯正治療

治療中の虫歯予防

矯正装置を付けたお口の中は、汚れが停滞しやすくなります。歯に付いた食べカスやブラッシング不良による磨き残しは、時間が経つと“プラーク”とよばれる細菌のかたまりになり、虫歯や歯周病の原因となります。時間と費用をかけて歯並びや噛み合わせを整えているにもかかわらず、歯そのものが虫歯や歯周病で炎症を起こしてしまっては、矯正治療の努力と時間が無駄になってしまいます。治療期間中のお口の健康を守るために、毎日の丁寧なブラッシングと、定期的に歯科医院にてケアを受けることをお勧めします。ここでは、自分自身で行うケアと、歯科医院で受けるケアについてご紹介します。

自分自身で行うケア

  • 毎食後のブラッシングが大切です
    矯正装置を付けた後に、矯正医か歯科衛生士が、患者さまのお口の状態に合わせた“歯ブラシの選び方”や“ブラッシング方法”について指導を行ないます。これを参考にして、毎食後ブラッシングを行うように心がけましょう。外出中や、歯を磨く時間がどうしても無い場合は、デンタルリンスや水でうがいをして、歯の汚れを少しでも減らすようにしましょう。その後は、必ず時間をみつけて、丁寧にブラッシングを行うことをお勧めします。
    また、プラークの形成は飲食の回数に比例しますので、食事や間食の回数が増えるとプラークが作られやすくなります。お口の中の細菌が多いことや、磨き残しが多いことを指摘された方は、間食を減らし、規則正しく食事をとるとよいでしょう。
  • 補助的ケアグッズを使ってみましょう
    ケアグッズには、歯磨き剤やデンタルリンスのほか、歯磨きの後に使う「フッ素配合ジェル」や「CPP-ACPペースト」などがあります。「フッ素配合ジェル」は、プラーク中の細菌の働きを弱めて、歯を溶かす酸を作る力を抑えます。「CPP-ACPペースト」は、歯を溶かす酸を中和する作用や、初期の虫歯を予防する効果があります。お口の中をより清潔に保つために、これらの補助的ケアグッズを上手に利用されるとよいでしょう。適切なアイテム選びや使用方法については、ご相談ください。

歯科医院でプロによるケア

  • PMTCPMTCを受けましょう
    毎日ブラッシングをしていても、磨き癖によって、汚れが溜まりやすい部分がでてきます。PMTC( Professional mechanical tooth cleaning)は、フッ素が配合されたジェルやペーストを用いて、歯の表面の着色やプラーク、歯と歯茎の間に溜まっているプラークを機械や器具で取り除く方法です。歯の表面を磨いて滑らかにするため、歯の汚れが再び付きにくくなります。また、PMTCをしたことで歯は艶が出て、歯茎は引き締まります。毎日の丁寧なブラッシングと併せて行うと健康的な状態をより保つことができるでしょう。
  • 高濃度のフッ素塗布もお勧めです
    高濃度のフッ素は、歯の質を強化することができます。特に、成長期の方は、歯質が未熟なため虫歯になりやすいので、歯科医院で定期的にフッ素塗布を受けるとよいでしょう。
お口の中の環境を整えることは、歯の寿命を延ばすことにもつながります。予防効果を高めるために、自分自身で行うケアと歯科医院で受けるケアを続け、歯を守りましょう。